株式会社ジャパンのブログページ

お電話での
お問い合わせ
052-253-7290
【受付時間】平日 9:00~17:00

株式投資ブログ ~明日への道標(みちしるべ)~

2019年07月18日

閑散相場だからこそ、この銘柄!

 

米中貿易摩擦は一筋縄ではいかない

昨夜の米国株式相場は、住宅着工・建設許可件数が予想を下振れたことに加え、トランプ大統領が、またまた追加関税を示唆したことで中国が反発、米中貿易摩擦を巡る先行き懸念から下落しました。

 

米中貿易摩擦は一筋縄ではいかないようですね。

「リブラ」で話題を集めているフェイスブック(FB)は、前日から米議会で「リブラ」が厳しい追及を受けていることを嫌気され下落しました。

 

引け後には、動画ストリーミングのネットフリックス(NFLX)が、 4-6月期決算を発表し、一株利益は予想を上振れたものの、売上高は下振れ、契約者数が270万人増と予想を大きく下回り、時間外取引で下落して推移しています。

 

米国株安には素直に反応する日本市場

米国株安を受けた本日の日本市場前場は、市場エネルギー不足の中ズルズルと値を下げました。

 

米長期金利の低下でドル円が円高方向に振れていることも嫌気され日経平均株価は▼343.06の21,126.12円で引けました。

 

米国株安には素直に反応する日本市場です。

 

後場の動きは要注意です。

 

理想とすれば下ヒゲで引けて欲しいのですが、安値引けとなると厳しくなりそうですね。

 

対中関税発動から1

米国が対中関税を発動して1年になります。

 

本日の日本経済新聞によると、企業が生産拠点を中国外に移す動きが加速しているようです。

 

外資企業は中国の輸出入の4割を占めるので、生産移管が本格化すれば中国経済にとって打撃は大きくなりそうです。

 

先月の米中首脳会談で小休止になっているように見える貿易摩擦ですが、昨夜のトランプ大統領の追加関税示唆等、2大国の争いだけにまだまだもつれそうです。

 

米国債保有残高は日本が1位に返り咲き間近?

米財務省が16日に公表したデータによると、中国の5月の保有残高は前月から28億ドル減少して1兆1,100億ドル(約120兆円)となったようです。

 

2017年5月以来の低水準で、減少は3カ月連続です。

 

ただ中国は依然として外国勢の米国債保有残高が1位、2位は日本の1兆1,000億ドルで、前月比370億ドル増と、13年以来最大の伸びとなった。

 

中国が3ヵ月連続で米国債の保有を減らしているのは気掛かりですね。

 

2018年以降の貿易摩擦の激化により、米国債の売却を粛々と進めているとの見方が台頭しています。

 

米国債の保有を減らし、金を積み増しているようです。

 

直近の金相場の上昇の背景には中国の金買いも影響しているはずです。

 

このまま中国が米国債の売却を続ければ、日本が1位になりそうです。

 

米中貿易摩擦の報道では、米国の記事ばかりがクローズアップされていますが、中国はしたたかなので、長期戦になれば中国に軍配が上がるということもありそうです。

 

ないと思いますが中国の米国債の大量売却は、金融核兵器になる恐れがあります。

 

米中摩擦は長期戦になりそうですが、中国も米国債の保有を減らすなど、新しい「冷戦」の幕明けのような気がします。

 

閑散相場だからこそ、この銘柄!

このような閑散相場で個人投資家も元気がないようですが、少し気になる銘柄があるのでご紹介いたします。

 

「北の達人コーポレーション(2930)です。

 

同社は、健康食品や化粧品中心のネット通販会社で、オリゴ糖原料の「カイテキオリゴ」が主力商品です。

 

「びっくりするほど良い商品ができた時にしか販売しないこと」を開発ルールとし公式サイト「北の快適工房」を運営しています。

 

また、先行予約が2万個突破、爆発的ヒット中の「刺す化粧品」シリーズより『ミケンディープパッチ』が7月9日より販売され、その効果を株価が織り込む段階にきたと考えています。

 

 

7月9日の日本経済新聞「NEXT1000」で「ROEが高い中堅企業」で9位にランクされており資本効率がいいのも支援材料です。

(写真;会社HPより)

 

また、7月12日に発表された1Qも順調です。

 

前引けは4円高の670円

 

株価は高値圏にありますが5日移動平均の630円前後で買いたいですね。

(チャート;QUICK社))

 

ここで触れる個別銘柄については、充分な分析を行う前に速報性を重視しております。

 

よって、株式会社 ジャパンが投資顧問契約の対価として助言するものではありません。

 

継続してフォローを行うものでありませんので、お断りしておきます。

 

当ブログ内での推奨銘柄へ投資される場合は、以上のことを念頭に自己責任で投資していただける様、お願い申し上げます。

 

夕方のブログは18時前後に配信予定です。

 

楽しみにしてください!

 


基礎知識(株)ランキング

新着ブログ